年収1000万円の起業家になるまで | Re:Life主宰が実際にしてきた7つのこと

Kei
こんにちは。起業ブランディング支援スクール「Re:Life」主催のKeiです。僕は起業する前、時給820円のアルバイト生活を送っていました。そこから、スキルも人脈もゼロの状態で起業。
3年目でようやく年収1000万円を突破することができ、人間関係や時間に縛られない自由なワークライフを叶えることができました。今回は、LINE登録者限定で、起業当初に行った7つのことをお伝えします。

起業するとなると、どの経営セミナーや起業講座に通ったらいいのか迷う人もいるかもしれません。

僕も起業当初、経営のいろはを学ぼうと色んなセミナーに通いました。

けれど、実際に起業するにあたって、日々の生活や考え方をどのように変えればいいのか?

どのような順序で、具体的に何をすればいいのかなど、最も肝心な部分が不明瞭のままだったんですよね。

だからこの3年間、失敗や挫折を沢山経験しました。

する必要のないことも、一杯してきたと思います。

起業仲間でも、僕と同じように迷子になる方が大勢いました。

「Re:Lifeに興味を持ち、こうしてLINE登録までして下さる方には、同じように迷子になってほしくない。」

そう思い、ゼロから年収1000万円を達成するまでに実際に僕がしてきたことを、一つの記事にまとめました。

これらは、 「好きな仕事で収益化し、自由なワークライフを叶えるためのToDoリスト」です。

色々してきたのですが、もっとも重要な7つを厳選しました。

少し長くなりますが、必ず役に立ちますので最後までご覧頂けたらと思います。

年収1000万円を達成するまでにしてきた7つのこと(目次の見出し)

①健康を整える

1つ目は「健康を整える」です。

起業家というのは、会社員のときの生活とまったく異なります。

もし、体調を崩して仕事を休まなければならないときがきたとして、会社員であれば他の誰かが代わりに仕事を進めてくれます。有休だって使えます。

その一方で、起業家は自分ひとり。倒れても代わりはいません。有休もないし、行動しないとお金は発生しません。

経営者としてビジネスを回し続けるために最も大事なのは、健康なのです。

起業前の僕は、体もメンタルもボロボロで、まったく健康とはいえない状態でした。

疲労が溜まりやすく、一日で働けるとしてもほんの数時間だけ。もはや、起業するとか以前の問題です。

心と体を学ぶ

そこでまず、自身の健康を整える必要があると思い、心と体について勉強しはじめました。

例えば、人間の体の構造や機能、栄養学といったものです。

最初は独学でした。

でもやはり専門知識を習得するには限界があると気がついて、別に行ったことがあります。

それは、 心や体の専門家(セラピスト)たちの話を聞くことです。

専門家の方々からは、ネット上では書かれていないような知識を学びました。

第一線で活躍されている彼らだからこそ知り得る情報が、そこにあったのです。

物事の本質を知るということ

専門家から学んだことは、体の構造や機能だけではなく、健康の本質です。

目に見える機能や構造を勉強するのであれば、独学でも可能です。

インターネットからも情報を得られます。

でも、物事の本質に関しては、経験を積んだ人にしか分からないことが多いんです。

これはビジネスにおいても同じことが言えるのですが、

物事の本質を理解していて、本当に正しいことを教えてくれる人って、ほんの一握りなんですよね。

だから色んな人の話を聞いて、 何が正しいのかを見極める必要がありました。

そういった積み重ねのおかげで、毎日アクティブに活動できるようになっただけではなく、お客様の健康管理にも役立っています

②進むべき方向性を定める

次に行ったことは、 「進むべき方向性を定める」です。

ここで示す方向性とは、ビジネスにおける方向性です。

方向性を定める必要性

例えば、「WEBデザイナー」や「起業コンサルタント」といった、なりたい職種から、「年収目標を1,000万にする」「本を出版する」といった数値を含めた具体的な目標まで。

こういった進むべき方向性を定めないと、自分を見失う可能性が高くなります

僕は起業前の10年間、方向性が定まっていなかったため「手に職をつけて今を変えよう!」と意気込みつつも、モチベーションを維持できず挫折を繰り返してきました。

よく、10年は盛りすぎやろって言われるのですが本当です(笑)

思い返せばその理由が、「進むべき方向性が分からなかった」ということなんです。

方向性を決めるタイミング

では、なりたい職種や具体的な目標など、方向性を定めるにはどうしたらいいのでしょうか。

人によるかもしれませんが、僕の場合は 「小さな成功体験」 を積み重ねたことがきっかけです。

僕は、学生の時によく勉強したことや、IT歴が長いことを活かしました。

人にパソコンの使い方を教えたり、WEBサイトを作るお手伝いをしたり、動画編集をしてみたり…

自分の好きなこと・得意なことで人に役に立ち、 そこで驚かれたり、感謝をされることで、自分の存在価値が分かってきて、方向性も定まっていきました。

その中でも最も楽しいと感じたことが、WEBコンテンツの制作だったので、「 WEBデザイナーとして起業しよう!」と、方向性が定まったのです。

③覚悟を決める

続いて、覚悟を決めることです。

起業したいと思いつつも、 なかなか行動に移せないのはなぜだと思いますか?

それは、覚悟が決まらないからです。

「上手くいかない場合」のことを考えてしまったり、「できない理由」を探してしまったり…

僕は変わりたい気持ちとは裏腹に、現状に留まろうとしていました。

未知の世界へと足を踏み入れるわけだから、逃げ腰になるのは当然のことなのかもしれません。

だから覚悟を決めるには、ちょっとした工夫が必要になります。

僕の場合はどうしたかと言いますと、「やるしかない!」という状況に自分を追い込みました。

逃げ道があると分かっているから、逃げたくなるんだと思ったからです。

具体的には、以下のことをしました。

  • WEBデザイナーとしてやっていくと周りに宣言する。
  • 高性能パソコンやカメラなど、必要な機材を揃える。
  • ビジネスを学ぶのに大きな自己投資をする。

ここまでしてようやく、人生を変える覚悟が決まりました。

「覚悟ができないなら、逃げ道を無くす」

参考になれば幸いです。

④人間関係を見直す

4つ目は、人間関係を見直すことです。

人が大きく変わろうとする時、そこには必ず元の状態に引き戻そうとする力が働きます。

これは、科学的(量子力学的)にも証明されていることです。

その中で最も影響力を持つものが人間関係なのですが、ここで一つ、僕の経験談をお話します。

起業を決断した際の周りの反応

好きな仕事で起業を決意し周りに話したとき、次のような言葉を投げかけられました。

「あなたでは、到底ムリだと思う」
「あなたはそっちよりも、今の仕事が向いているよ」

僕を心配しての言葉であることは分かっていました。

けれど、僕を今の場所に引き戻そうとする言葉ばかりでした。

多くの人は、そういった声に従って現状に留まる選択をするかもしれません。

でも僕は負けず嫌いな上に自分の意志を貫きたい性格なので、そういった意見は無視して、彼らとの縁を切ってしまいました笑

決断こそすべて

案の定、起業した当初は上手くいかない事だらけでしたが、その時の決断があったからこそ今の自由なワークライフがあるのも事実です。

これまでとは違う世界で生きていくのであれば、関わる人の層も変わります。

必然的にこれまでの人間関係を見直す必要が出てきます。

これまでも、これからも、人間関係の取捨選択をすることで自分の可能性はどんどん広がっていきます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

⑤複数のスキルを身に付ける

5つ目にして、ようやくここに来てスキルの話が出てきます(笑)

別の記事でもお話しているので、併せてご覧いただけると幸いです。
[Re:Lifeを立ち上げるまでの記事サムネイル]

複数のスキルを身につけることのメリット

僕にはスキルがなかったせいで、助けたい人を助けられなかった過去がありました。

その悔しさをバネに、数年間のうちに以下のスキルを習得しました。

  • WEBデザイン
  • プログラミング
  • マーケティング
  • コピーライティング
  • 撮影・レタッチ
  • 動画制作

これらのスキルを仕事で活かして、少しずつビジネスの幅を拡げていきました。

今では何十人もの従業員を抱える企業様にも契約して頂いております。

これが実現できたのは、複数のスキルを掛け合わせたからです。

習得しているスキルが多ければ多いほど、お客様のニーズに答えやすく、重宝される人材になれます。

これが、複数のスキルを身につけることのメリットです。

効率よくスキルを身に付けるには?

ではどうやって、短期間でたくさんのスキルを身に付けるのでしょうか?

ここで少し、僕の体験談をお話します。

僕が最初に身に付けたスキルは、WEBデザインです。

スクールやセミナーなどには通ったことがなく、ずっと独学していました。

最初は何をどう学べばいいのか分からず、苦戦してばかり…だいぶ効率が悪かったと思います。

「何でいつまでたっても、拙いデザインしかできないのか?」

ずっと考えていました。

そしてある時、「自分のターゲットユーザーが、どんなデザインを求めているのか」を理解できていないから、いつまでも上達できないことに気付いたんですよね。

そこで僕がはじめたのは、自分がデザインした成果物に対するフィードバックを熟練のデザイナーの方々から頂くことです。

その習慣を繰り返していると、「何が良くて、何が良くないか」に気付くことができて、そこからデザインスキルは一気に伸びました。

客観的に自分のデザインを見られるようになった、ということです。

撮影やコピーライティングなど、他のスキルに関しても同様です。

一歩先にいる人から直接学ぶことは、最短の近道となります。

⑥人物ブランディングを追究する

6つ目は、人物ブランディングを追究することです。

ブランディングってよく聞くワードなのですが、イマイチよく分からない方が殆どだったりします。

そもそもブランディングとは

ブランディングとは何かを簡単に説明すると、独自のポジションを確立しながらファンを集めるPR活動のことです。

ファンからお客様になってくれた人には、「応援したい」という感情が伴うのは分かりますよね?

つまり、リピート率が自ずと高くなります。

また、積極的な紹介によって新たなお客様が増えていきます。

一発屋ではなくロングセラーなビジネスへ成長していけるのです。

そのために必要となってくるのが、ブランディングです。

そしてブランディングの対象は、企業、事業、商品、人物などいろいろあるのですが、中でも僕が着目したのは人物ブランディングでした。

ブランディングの本質については、こちらの記事でも詳しく解説しています。
併せてご覧くださいね。

女性起業家成功の秘訣はブランディング! 売れる本質や構築フローを徹底解説!

個人で信頼を勝ち取るには人物ブランディングが鍵

僕たちのような小規模事業者は、商品・サービスのPRをいくら頑張っても中々売れないのが現実です。なぜなら、「知名度」において大手企業や既に沢山実績のある所には勝てないからです。

そして、知名度の高さはそのまま「信頼度」に比例します。

だから僕たちは、知名度とは別の観点から、信頼を勝ち取る必要があります。

そこで有効なのが、人物ブランディングです。

人物ブランディングで具体的にしたこと

人物ブランディングをするために僕が行ったことは、次の2つです。

  1. 自分独自の取り組みや過去の挫折、そして将来のビジョン。
    そういったものを“ストーリー性を持たせて”ターゲットに届ける。
  2. そして興味を持って下さった方の、問題や悩みに寄り添う。

こういった地道な努力の積み重ねで、徐々にファンが出来てきます。

まずは「人」としての信頼を獲得し、興味を持ってもらえる状態を作る。

これが、僕のしてきた人物ブランディングです。

苦手な営業活動をしなくても、自然な形で商品・サービスが売れるようになりました。

⑦Giveし続けるマインドを持つ

最後は、Giveし続けるマインドを持つことです。

ビジネスが継続できる人とそうでない人には、どのような違いがあるでしょうか?

それは、「Giveし続けるマインド」があるかどうかだと僕は考えます。

イメージしてみて下さい。

誰かの相談に乗って、その人がハッピーになったとします。でもあなたは、その人からは何も受け取っていない状態です。

この時、あなたはその人と同じようにハッピーな気持ちになりますか?それとも損をした気持ちになりますか?

中には、無償で誰かにGiveすることは損だと考える人もいるでしょう。

そこに時間と労力がかかっているため、そう考えるのも無理はありません。

けれども、よくよく考えてみると相手がハッピーになったという事は、「自分の価値が伝わった」ことを意味します。

自分の価値を認識してもらうこと。これこそが、ビジネスの本質だと僕は考えます。

まずは無償でもGiveし続けることが、収益化への近道だったりするんです。

僕も最初は無償でサービスを提供した時期がありました。

でもGiveし続けることで、少しずつ仕事がもらえるようになり、紹介も増えてきました。

「自分の時間と労力を惜しまず誰かの力になること」

好きな人達と、好きな仕事を続けていくために、そのようなマインドを大切にしていきたいと思います。

まとめ

「時給820円のアルバイトから月収7桁の起業家になるために実践した7つのこと」

本記事では、そのすべてをお伝えしました。

まさかの「健康を整える」からスタートでしたね。

いかにも有益そうなノウハウばかり並べるよりも、体験ベースで話した方が、伝わりやすいかなと思い、この記事を書いています。

よければ通知が来たタイミングでチェックしてみて下さい。

この記事のポイントまとめ

  • 健康を整える
  • 進むべき方向性を定める
  • 覚悟を決める
  • 人間関係を見直す
  • スキルを身に付ける(Part1・Part2)
  • 人物ブランディングを追究する(Part1・Part2)
  • Giveし続けるマインドを持つ

【最後に、公式LINEトークに全ての動画のリンクを張る】

Course

夢を叶える
4つのコースプログラム

Re:Lifeは、起業したい方および既に起業している方が、『人・お金・時間に縛られない自由なワークライフ』を叶えるためのスクールです。
起業ブランディングスキルの習得など、個々の目的に応じたコースをご用意しております。